P-38アンクルタイプのマズルブレーキを作ってみました

なんで3Dプリンタのブログにピストルが登場したかといいますと、

1960年代にハマってたテルビ番組がありまして、「0011 ナポレオン・ソロ」というんですが
世界の平和を守る国際的秘密組織アンクルのエージェント、ナポレオンソロとイリアクリアキンという二人組の活躍を描いたテレビ番組でした。最近、CSで放送していて懐かしさのあまりマルゼンのP-38デタッチャブルというテレビ番組のプロップガンをモデルにしたエアガンをヤフオクで落としまして、、、

当時、中学生だった私が欲しかった記憶の中のMGCのアンクルタイプとはなんか違和感がありまして、

マズルブレーキの形がちょっと違うんです。

で、MGCのアンクルタイプの記憶をたよりにFUSION360で作って見ました。

プリンターに赤いフィラメントがセットしてあったので、そのままプリントしてみたんです。

下の3D画像を見て、分かる人だけ懐かしんでください。

3D Viewer

写真のは試作バージョンで

黒のフィラメントを買わなければ、、、

 

もし、僕も作ってみようという方は下のボタンからSLTファイルのZIPがダウンロードできます
サポートなしで大丈夫でした。黒のフィラメントでやってくださいネ。
※ネジのとこの内径を少し削らないとインナーバレルと干渉することがあるかも知れません。

マルシンP-38デタッチャブル用マズルブレーキ

(Visited 418 times, 1 visits today)